心のこと

- Category - ブログ

ご訪問いただきありがとうございます。

私が心のことに興味を持ちだしたのは25歳のころ

今から四半世紀くらい前かな(苦笑)

体調がすぐれずすぐに熱をだすし、寝込むことも頻繁でした。

そんなときにたまたま習ってた着付けの師匠が教えてくださった整体の先生でした。

あってすぐに「あんた、どんなけしんどい生き方してるん?そのままでええの?自分を生きないやん」と

いきなり言われて面喰いましたが、涙がでて止まらなかった。

整体も今までうけたことなかったので、先生の整体もさることながら、話すことがすべて新鮮でした。

たくさん話していただけるんですが当時、巷では某宗教団体があちこちでいろいろ問題視されてた時期だったので

言わんとしてることはすごく頭で理解していました(つもり)。

洗脳されてなるものか!と滅茶苦茶抵抗していました。

そう、理解しているつもりでした。

話を聞いたり本を読んで頭にはいる。それだけ。

小さい頃から慣れ親しんだ叔父の言葉と同じ(叔父はお寺の住職)。

でもその時期の私はそれが精いっぱいの器だったんですよね。

受け入れることができてなかった。

そんなことがそこに住んでいた5年間のお話。

その後の転居後の5年間もふらりとした状態でした。

じわりじわりと転機の時期が来ていました。

つづく・・・

 

お読みいただきありがとうございました。