100という区切り

100という区切り

 

ご訪問いただきありがとうございます。

 

現在キャナル長堀にてART∞展に出展しております。

昨日お越しいただいた絵の先生らしき方(素性をお伺いしていません)

画材は何を使っているのかやなぜ羽根なの?など

お話させてもらっていて

その中で「このお花は少し残念ね」と。

確かに。

お花をステンシルではなくフリーハンドで描いたのが今回が初めて。

先生に「これ初めて描いたんです」とお話すると

「そうね。絵もそうだけどなんでも100はやってみてね」と。

そうだよね。

やはり100ですよね。

羽根に関しては100は描いてきたと思う。

先日このブログも100をむかえたとき、やはりそこでなにかスイッチが入ったような感じでした。

 

お花も100描いていこう。

そしたらまたスイッチ入るかな。

 

次回個展するまでに(まだ日程は決まってません)100以上の描き込んだものを見ていただけるといいな。

とやる気スイッチいれてみた。

 

ご縁に感謝。

お読みいただきありがとうございました。