切り絵

切り絵

ブログにお越しくださりありがとうございます。

 

先日かねてからお会いしたいと思っていた方のワークショップを受けることができました。

img_0016.jpg

神業的な切り絵の石賀直之さん。

お会いするのはこの日が初めて。

ご自宅までの案内図もとても丁寧に送っていただき

どんな方なのかと想像膨らませててました。

初めましてでしたがともて気さくな柔らかい雰囲気のかたでした。

お部屋に案内していただき、作品を見せていただきました。

石賀様のおじいさまは仏像を彫られている彫士だそうです。

とても優しいお顔の仏像です。

向かって左の仏像には石賀さんの切り絵が金箔のように貼られています。

言われるまで不通に金箔が貼ってあると思いました。

右側にも石賀さんがカットされた金箔(こちらは本物)が貼ってありました。

(貼るという日本語が適切かどうか・・・(苦笑))

血筋なんでしょうか、とても細かい手仕事ができる家系ですね。

 

おうちもスタイリッシュだし、お部屋の中もモノトーンで統一されてる。

すべてがおしゃれな空間。

出していただくお茶のカップもおしゃれなんだよなぁ。

すべてにセンスがいいんですよ。

img_0021.jpg   img_0018.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

お部屋の1室はギャラリーになっていてとても素敵な空間でした。

 

切り方レクチャーしていただきいざ切り始めると私・・・見えない💦

はい。老眼です。もちろんメガネは持参してるけど細部が・・・

ありがたいことに拡大鏡お借りすることができたのでみんなと同じぺースで切ることができました。

切り始めは息をするのを忘れそうになるくらい緊張してました。

呼吸も意識しながら細い線を集中しながら切りすすめます。

無になれる時間でした。

img_0026.jpgimg_0030.jpg

左は私の作品。

右はみんなの作品。

同じ構図なんですがその構図のどこを切るかで

こんなにも違うんですよね。

これが個性ですよね。

 

私自身も初めてにしては上出来かなと自画自賛。

 

切り絵をやってみたいと思ったのは

パステルに取り入れて自分の絵を変化させたい思いがありました。

実際こうやってやってみるといろいろアイデアでてきたし、石賀さんの作品も参考になりました。

いただいた用紙をコピーして、しばらく切ることに没頭してみます。

その間あきたらパステルも描いていこう。

img_0032.jpg

額にいれて写真を撮ると全く違ってみえるよ。

自分で切ったものとは思えないくらい素敵に見える。

いや~私頑張ったね。

 

さてと切る時間を作ろうっと。

切り絵とパステルの組み合わせ。

考えてるだけで楽しくなるなぁ。

 

ご縁に感謝。

お読みいただきありがとうございました。