藪入り

藪入り

ブログにお越しくださりありがとうございます。

昨日母が実家に行きたいと言ってたので、私もしばらく叔母に会ってなかったので行ってきました。

母の実家はお寺なんですが

従兄弟の代にはなってるんですが、従兄弟は数年前に奥さんを亡くしているで、お寺の細かいことはまた

叔母がしないといけなくなっています。

母と叔母(正確には母の兄の嫁)は同じ歳。

いつも走り回ってるイメージがありましたが、久しぶりに会ってみると母と同じだなと。

二人の会話を聞いていたら、ふとこの句がよぎりました。

一休和尚の

『正月や冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」

自分も歳を重ねるんだから当たり前なんだけどね。

叔母に会いに行ってやはりよかったなと思いました。

だって次はいつ会えるか、いつ会いに行けるかもわからないもんね。

会いたい人に会いに行く。

また今度はいつになるかわからないからね。

自分自身が後悔のないように

これからも会いたい人には会いに行く!

お読みいただきありがとうございました。