一期一会

一期一会

ブログにお越しいただきありがとうございます。

4月の始まりはこちらのイベントからでした。

桜吹雪の中の屋外でのイベント。

あたたかくてよかった。

久しぶりのパステルアートで、おまけにファミリー向けのイベントなんて何年振りかなぁ。

気負わず楽しもうとはじまりました。

ブースも思ったより広く、パステル仲間とのシェアだったけどめっちゃ広々使えました。

お友達はキットパス(体に無害な素材でできた画材)での手形アート。

ちびっこが体験してくれました。

   img_4140.jpg

終わりごろにお父さんに手を引かれた、多分ダウン症だと思われる女の子が体験してくれました。

数年前にさをり織りを体験したとき、教えていただいた講師はダウン症の方でした。

この方の作品を見せていただくと、どれも素敵なものばかりでした。

私たちよりはるかに感性がとぎすませされているんですよね。

目の前の彼女がどんな風に描いていくのかとても楽しみでした。

座ってからの彼女の笑顔はとても素敵でした。

まずパステルを削ってもらうところから。

削り方もすごく丁寧で見ていて感心する。

(サンプルアートはあるけど基本自由にかいてもらう主義なので)

「指でくるくると描いてね」と言うと、ふっと笑顔になってくるくるし始めた。

たったそれだけのことなんだけど、見ていて涙が出そうになった。

なんだろう。

とっても優しいんだよな。

ただ丸を描いているだけなのに。

色を変えるごとに指を拭いてあげましたが、彼女は別の指でくるくるしてくれました。

右手左手と指をすべて変えて色をのせてくれました。

見ていてとっても暖かい気もちになるってなんなんだろう。

とっても優しいものが彼女から放たれている。

私がとっても幸せに感じる。

そばで見ていたお父様は「最近海外に絵をだしてそちらに行って帰ってきたところなんです」とさらっと。

私とお友達は「えっ!!!!!」

あらあらあらあら。

私とっても失礼きわまりないやつだね。めっちゃ反省。

こんな失礼な私にもお父様はとても優しい眼差しで「好きなことをさせてやってます」と。

絵を描くのがとっても好きな娘さんなんだなぁ。

彼女の描く絵を見てはいませんが、きっととても素敵な優しい絵なんだろうな。

お父様にはこのあたりの歴史のことを少し教えていただき、思わず盛り上がってしまいました。

帰り際お父様が「一期一会ですな。またご縁が会えば会えますね」と。

このご家族に会うための出展だったのかもなぁ。

素敵な一期一会でした。

また会えるといいな。

ほっこりとした1日でした。

出会いに感謝。

お読みいただきありがとうございました。