携帯電話

keitai

ブログにお越しいただきありがとうございます。

keitai

先日息子が携帯を落として画面が反応しなくなりました。

連絡ないからおかしいなと思っていたら、帰ってくるなり「最悪や~」と怒りモードで帰ってきました。

怒りモードの息子に無条件の愛のヒーリングを送りながら、私の羽根で包んでみたりしながら

怒りが落ち着いた息子に「先日からの出来事をよく自分で感じてみて」と。

「携帯が壊れたの携帯が何か教えてくれてるんちゃうかな。事故に巻き込まれたり自分の身体に何か起こったわけじゃないんやから、

これで済んだ思ってみたらいいんちゃう。

ピンチはチャンスやからラッキーって言うてみ」と言ったら

「言えるか!」とすねモードでしたが

私の言葉は通じている感じでした。

私が携帯にもヒーリングをおくっていると息子は「そんなん無駄!」とも言ったけど、私はきっと大丈夫と思いながらヒーリングしました。

息子に「携帯依存やから、いいチャンスやな」と言いながら、それって私もや~~ん。

息子世代はラインでしか他者とつながってないので、携帯がこわれるとほんと誰とも連絡取れないんです。

バイト先へ連絡も携帯にアドレス入ってるから記憶してないしね。

まぁバイト先には帰りに伝えてきたので事なきを得てましたけど。

そう考えると私も息子の電話番号覚えてないから家電からもかけられない!

どこかにメモはしておかないといけないなぁと痛感しました。

アナログなこともしておかないといけないですね。

有難いことに息子の携帯は保険に入ってたおかげで修理代もかからなかったし、中身のデータもなにも消えなかったことが一番でした。

携帯に依存してるんだなぁと改めて感じました。

時間を見るのも、電話をかけるのも、時刻表調べるのも、地図を見るのも・・・

ぜ~んぶ携帯。

便利すぎて当たり前すぎてたことを今回息子の携帯が教えてくれました。

大切に扱わないとですね。

お読みいただきありがとうございました。