飛鳥

飛鳥

ブログにお越しいただきありがとうございます。

数年ぶりに飛鳥に行ってきました。

キトラ古墳。

ここは初めてでしたがとても整備されていてびっくりです。

石室には四神、十二支、天文図等、古代の叡智がぎっしり。

ぽっこり丸い古墳の真上がエネルギーの通り道のように感じました。

次に有名な石舞台。

小さい頃に遠足に来た時はなんにもない場所にこの石が積まれていた印象だったんですが、

数年前に訪れたときにすごく整備されているので驚きました。

昔の人の力はすごいですよね。

今のように重機もないのに、こんなに大きな石をどうやって運んだんでしょうね。

石室の中でしばし石と対話。

9月の個展に向けて描いている絵の感じがそのまま映像が浮かんだ感じで、もう少し絵の方も加筆していこうと思いました。

季節がいいからなのか修学旅行生や遠足の団体がいっぱいでした。

次は打上古墳。

ここね。すっごい坂道登る上に、はぁ?って場所にありました。

まぁひっそりとしていて落ち着く場所ではありましたが(苦笑)

こちらでは少しライトワークのお手伝いをさせていただきました。

次はなかなかご縁がなくてようやく訪れた談山神社。

この写真の階段の右手奥にある大きな楠さんがとても気になったので、ご挨拶させていただきました。

男前の男性(あくまで私の感覚)が話かけてきました。

その言葉はまた内観の材料にします。

とても気持ちのいい神社でした。

もう一つ古墳を回った時にきになった「くつな石」に行くことに。

ここもね、笑ってしまうくらいすごい場所にあったよ。

こちらでもすこしライトワークさせていただきました。

時間いっぱい回れるだけ回ってきて、帰路の途中の西の空には、太陽を挟んで両側に彩雲出てました。

わらわらととってもにぎやかな西の空でした。

飛鳥の古墳群は巨石好きにはたまらないよね。

あちこちに点在しているんだもんね。

またのんびり自転車でまわるのもいいかな。

季節的にとても気持ちがよく、のんびりと過ごせたライトワークの一日でした。

私が感じたことしっかりと内観材料としてみます。

ご縁に感謝。

お読みいただきありがとうございました。