北海道登山その2

北海道登山その2

ブログにお越しいただきありがとうございます。

層雲峡黒岳から移動して旭岳すぐそばのユースホステルに。

実はユースホステルは人生初なんですが、寝るだけの場所という認識しかなかったけど、

なんとまぁホテル並みの感じで快適だし、温泉もめっちゃよかったです。

その夜からかなりの雨が降ってて、朝も出かける間際まで降ってました。

雨が上がったけどゴンドラ乗り場に行くと、風速20メートルとかで運行休止状態。

いつ再開かもわからないけど、とにかく待ってみることに。

またも青君(青龍)に行ってもらいました。

2時間遅れでゴンドラ再開できたので、いざ出陣!

標高2291メートル百名山。

ゴンドラの中でのビデオでこの場所を『カムイミンタラ』『神々の遊ぶ庭』だそうです。

とても素敵な言霊。

その言葉通りの光景です。

鏡池はまだこんなに雪が残ってます。

私自身6合目から7合目までかなりきつく、断念しようかなと思うくらい。

『呼ばれたんだからちゃんと上まで案内して』と山の精霊たちに語りかけながら、

自身の体にどうしたいかを問いかけると『しんどいこと体験したーい』とかなりMな答え。

体の声に従いつつ、肉体には深呼吸とミネラル補給をしつつ、自分のペースをしっかりと取りながら歩をすすめました。

360度ビューは圧巻です。

地図の平均時間だとここまで3時間なのに、なんと2時間で登ったらしい。

私的にめっちゃゆっくりペースだったのに、1時間も短縮だぜい!

山頂で一通り写真撮るとまたガスで真っ白。

まるで私たちが滞在するのを知ってるみたい。

風があるのでもうすこし下ったところでご飯にしようと下山するが、吹き飛ばされそうな強風。

あまりの強風で、ご飯食べるどころじゃないと判断して下ることに。

今回はストック大活躍でした。

強風の時、地面にさして体固定するのにとても役にたちました。

スーツケースに無理やり入れて持ってきてよかったわぁ。

無事に下山して、ゴンドラのあたりを散策。

地球の息吹を感じます。生きてるね。

ガスがもくもく。

夫婦池も綺麗に撮れました。

下りも通常2時間半のところ1時間短縮で、朝のゴンドラ待ちの時間を帳消しにするというミラクル。

山の精霊たちにお礼を言ってゴンドラをおりました。

さてこのあと最終宿泊地の富良野に向かいます。

ご縁に感謝

お読みいただきありがとうございました。