人生初~ その2

人生初~ その2

ブログにお越しいただきありがとうございます。

人生初のテント泊の2日目。

もちろんご来光から始まります。

ガスがかかっているのがいい感じに撮れます。

朝の光は力がみなぎります。

山頂の澄んだ空気はそこにいるものしか経験できないものです。

朝露に反射する山の木々。

キラキラと幻想的。

帰りのコースはオオヤマレンゲが有名な関西最高峰の八経ケ岳。

ここからの景色は最高なんだよな。

台風の影響で根こそぎ倒れた木々は痛々しいけどそこにしっかり生きてます。

片道7時間の距離。

下りは途中まで楽勝でしたが、最後の30分がどうにもこうにも足が動かなくなりました。

背中の荷物が背骨を押していて痛い。

ザックの中身を調節して痛みを取り除き、足には絶えず鍼とドラゴンフォレストヒーリングを送りながら

言霊で「私頑張れ」と励ましながら、ZARDの「負けないで」が頭の中リフレインしてました。

1日目26563歩

2日目29355歩

よく歩きました。あっぱれ自分!

人生初のテント泊。

また「無理」を「可能」にできました。

日常当たり前と思っていることが山では当たり前でなくなる。

下界におりて当たり前のことがすごく有難く幸せに感じる。

歯を磨けること。

トイレがあること。

手や顔を洗えること。

足を伸ばして寝れること。

普段は当たり前すぎてなんにも思わないけど、不自由を体験できて日常にまた感謝が生まれました。

今回のテント泊は前から決まっていて、これの数日前にはまたも凹むことが起こりました。

仲間の助けで多少浮上はしていましたが、大自然に丸2日間身を置けたことで

歩きながらの内観もでき、クリアリング、センタリングもできました。

小さいことですぐに落ち込む私がいます。

それも私。

宇宙からしたら私の落ち込みなんて、見えないくらい小さいことなんだろうな。

まぁ落ち込むって感情を味わいたいから地球にきてるんだもんね。

肉体的にはかなりの負荷でしたが、いろんなことを気づかせてもらえる自然はやはりすごいね。

地球にうまれてきてよかった。

お読みいただきありがとうございました。

地球に感謝。

仲間に感謝。