不思議な摩耶山

不思議な摩耶山

ブログにお越しいただきありがとうございます。

先日初摩耶山登山してきました。

布引の滝からトゥエンティクロス経由で行く予定でしたが、一部夏の台風の影響で道がくずれているらしく

一番手前の天狗道からにしました。

行程さ4~500山行でしたが、紅葉も見れたし、初めての場所なので楽しく歩けました。

山頂で少しのんびり過ごしゆっくり下山。

帰りは史跡公園の道をくだることに。

ここにも台風の爪痕が。

夫婦スギのような大木が倒れている。

自然の力はすごいね。

この史跡後はもともと天上寺というお寺だったらしく消失してしまったそうです。

(こっちへ来たのはこのせいか?と思い、できる範囲のことはさせていただきました。)

ふと途中の看板に『右、摩耶大杉』と書かれたほうへいってみました。

そこには見事な大杉。

しかし、看板には摩耶天上寺の火災の影響で枯死と書かれていました。

でもね私的にどう見ても枯死しているようには見えない。

そこにまだいる感じ。

しめ縄もなかったので近くまで行かせてもらって触らせてもらいました。

あったかい。

まだそこには精霊さんが宿っているように感じました。

なんだかね涙が出るくらい優しいの。

『この樹が終るまでここで見守る』ふとそんな声が聞こえたような気がしました。

この樹が呼んでくれたのかなと。

ありがとう。

この樹に出会えてよかった。

ご縁に感謝。

お読みいただきありがとうございました。