日本の伝統のすごさ

日本の伝統のすごさ

ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

先日着物で出かけたとき親にもたせてもらった草履を履いたら、しっかりと鼻緒ずれしてしまいました。

距離を歩かないから大丈夫だと思っていたけど、帰り道どうにもこうに痛くなり

左右を履き替えてみると少し楽になりました。

その後、別の日にお友達から草履の鼻緒を直してくれるお店があると聞いて直してもらいました。

船場センタービル9号館にある『ちぐさ』さん。

とても素敵なおじさまが対応してくださいました。

ネットで『足の裏と甲をを挟んだだけでぴったりのサイズでした』という、口コミを見てましたが

ほんとその通り。

一瞬足を触られただけであれよあれよという間に仕上がりました。

img_2880.jpg

履いてみるとぴったり!

地方からも修理のために訪れるらしいです。

鼻緒3000円、挿げ替え費1000円と消費税。

ウレタン草履4足買えるけど、ウレタン草履は2.3回履いただけで鼻緒がのびのび。

鼻緒を変える職人さんはもうほとんどいらっしゃらないらしい。

この技術、伝統工芸としてのこせるといいな。

目の前でその技術を見せていただき感服です。

家にある草履を毎月1足ずつ鼻緒変えていこう。

私も過去に和裁という技術を学びましたが今は埋もれてしまいました。

他人様にはもうご提供できないけど、先日古着屋さんから救出した着物を

補修してみようと思います。

過去の技術がどれだけ駆使出来るかはわかりません。

ほんの少しだけでも和のものを身近に感じていきたいです。

私が伝えていける和のもの。

今は着付けだけ。

これからの季節は浴衣はいかがですか?

2時間3000円でお伝えさせていただきます。

お読みいただきありがとうございました。