新年に思う

新年に思う

ブログにお越しいただきありがとうございます。

img_9994.jpg

今年は珍しく年末から主人の実家に帰りました。

1年に1度しか訪れないので

大きな変化を見ることになります。

今回とくに感じたのは両親の老いです。

そりゃ私自身も歳をとるんだから当たり前ですけど。

その昔一休和尚が詠んだ

「門松は冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」という句ですが

甥っ子、姪っ子の子供の新たな命と年老いていく両親。

この句の奥にある思い、命を大切にしないとなぁと思います。

日々少しでも楽しく、自分らしく過ごしていくこと。

それにつきますよよね。

今と言う時間を精一杯過ごして行こうとあらためて思いました。

 

お読みいただきありがとうございました。